第1章2節 戦いの日常 攻略

ギャラクシーズ/GALAXYZの「第1章2節 戦いの日常」の攻略情報をまとめたページです。

手加減モードでAmazing!取るための役に立つ情報を掲載していますので、攻略の参考にしてくださいね。

手加減モードMAXレベル

  1. Lv3
  2. Lv3
  3. Lv4
  4. Lv4
  5. Lv5
  6. Lv6
  7. Lv7
  8. Lv8

出撃メンバー

  1. マルタ
  2. アヴィオール
  3. ルイ
  4. ヒルデ
  5. ミリル
  6. クルス
  7. シリカⅠ【水/回復】

1部メインクエストで仲間になるメンバーを中心に編成しています。

戦いの日常1

出現エネミー レベル3〜4 増援なし

  • スピロギラⅠ【無】
  • ジータⅠ【水/近】
  • フレイヤ星人Ⅳ【闇/近】

キャラ編成

  • アヴィオール【風/近】
  • ルイ【光/遠】
  • マルタ【土/遠】
  • ヒルデ【風/近】
  • 自由

スタートしてすぐに主人公を砂場とブランコの間に移動する。

最初に左側から入ってくるので、全員を左側に向かわせる。突破してくる敵に備えて低コストのキャラを一人配置できるように備えておく。

フレイヤ星人が入ってくる頃に上が動き出すので、全員を迎撃に向かわせる。

第1章2節「戦いの日常」手加減モード攻略【ギャラクシーズ/GALAXYZ】

戦いの日常2

出現エネミー レベル3〜4 増援なし

  • ヒルデⅠ【水/近】
  • オルガⅠ【風/近】
  • フレイヤ星人Ⅳ【闇/近】
  • スピロギラⅠ【無】

キャラ編成

  • アヴィオール【風/近】
  • ルイ【光/遠】
  • マルタ【土/遠】
  • ヒルデ【風/近】
  • 自由

今回も砂場とブランコの間に移動する。移動後は上下にマルタとレイを配置して壁にする。

その後、ヒルデとアヴィオールを配置して迎撃に向かわせる。ヒルデがHP少ないので手が空いた遠隔キャラにサポートに向かってもらうと安定して倒せる。

第1章2節「戦いの日常」手加減モード攻略【ギャラクシーズ/GALAXYZ】

戦いの日常3

出現エネミー レベル3〜4 増援なし

  • ヴァングⅡ【闇/近】
  • フレイヤ星人Ⅳ【闇/近】
  • スピロギラⅠ【無】

キャラ編成

  • アヴィオール【風/近】
  • ルイ【光/遠】
  • マルタ【土/遠】
  • ヒルデ【風/近】
  • 自由

今回も主人公を砂場とブランコの間に移動させると守りやすい。

BOSSのヴァングは闇属性なのでアヴィオールをぶつけて、遠隔メンバーで攻撃すると倒しやすい。

第1章2節「戦いの日常」手加減モード攻略【ギャラクシーズ/GALAXYZ】

戦いの日常4

出現エネミー レベル3~4 増援なし

  • ヴァングⅡ【闇/近】
  • フレイヤ星人Ⅳ【闇/近】
  • アイナⅠ【火/遠】
  • スピロギラⅠ【無】

キャラ編成

  • アヴィオール【風/近】
  • ルイ【光/遠】
  • マルタ【土/遠】
  • ヒルデ【風/近】
  • 自由

前回同様主人公をブランコと砂場の間に移動させる。

下のフレイヤ星人はアヴィオール一人で対応可能。

上と右はヒルデとマルタの2人で対応可能。突破された場合はルイを壁で出撃させて対応する。

ラストに動き出すヴァングはアヴィオール一人ではきついので、手が空いているキャラ一人を応援に向かわせる。2人なら難なく勝てる。

第1章2節「戦いの日常」手加減モード攻略【ギャラクシーズ/GALAXYZ】

戦いの日常5

出現エネミー レベル3~4 増援なし

  • ヴァングⅡ【闇/近】
  • フレイヤ星人Ⅳ【闇/近】
  • ジータⅠ【水/近】
  • オルガⅡ【風/回】
  • スピロギラⅠ【無】

キャラ編成

  • アヴィオール【風/近】
  • ルイ【光/遠】
  • マルタ【土/遠】
  • ヒルデ【風/近】
  • 自由

今回は退避場所がフレイヤ星人に占拠されているので、アヴィオールに迎撃に向かわせて場所を確保する。

右と上の星人はマルタとヒルデのペアを向かわせて迎撃させる。

アヴィオール一人では複数の敵の迎撃が間に合わないので、近づいてくる敵には空いているキャラを配置する。

BOSSのヴァングは2人ペアで迎撃すると安定して倒せる。

第1章2節「戦いの日常」手加減モード攻略【ギャラクシーズ/GALAXYZ】

 

©fuzz All rights reserved.
※はてもんに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの開発元に帰属します
株式会社fuzz公式サイト

お気づきの点や質問などお気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました